保育園・保育士に関する豆知識

保育士になるには??保育士資格と取得方法

保育士資格・・・日本の国家資格である保育士資格を保有し、都道府県知事への登録をした者。または、日々保育を必要としている子どもに、保育所なので保護者の代わりに保育する者。と定義されています。


【法律による定義】
児童福祉法第18条の4  保育士とは第18条の18第1項の登録を受け、保育士の名称を用い、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。


保育園・保育所をはじめ、児童福祉施設などで先生として働くために必要な資格です。
以前は任意の資格でしたが、2003年に児童福祉法が一部改正により国家資格となりました。


保育士の資格は一度取得すれば、更新などもなく一生の資格となります。
多少のブランクがあっても復職しやすいこともあり、女子には人気の資格です。
最近は、待機児童問題などで保育士の需要が高まっています。


実は、保育士の資格と保有していながら、他の仕事に就いている人って結構たくさんいるのです。
実際に保育士になってみたら、仕事が大変・保護者との接し方・子どもと合わないなどで、やめてしまう人も少なく無いようです。


その逆に、結婚・出産を機に退職し、子育てが一段落したら復職するひとも珍しくありません。
最近はそういったママさん保育士も増え、自らの子育て経験を活かして仕事をしているひとも多いようです。


保育士資格の取得方法

保育士資格の取得方法は大きく2つの方法があります。


まずは、厚生労働大臣指定の大学・短期大学・専門学校などの指定保育士養成施設へ進学しその課程を終了することで、保育士の資格を取得する方法。


2つ目は、毎年1回行われる国家試験 「保育士試験」を受験し合格し取得する方法です。


【大学・短大・専門学校へ進学・卒業して取得する方法】


厚生労働省が認定する大学や短期大学・専門学校で保育士養成課程の単位を履修し、卒業することで自動的に保育士の資格が取得できます。


この方法で取得するメリットは他にもあり、幼稚園教諭・小学校教諭・社会福祉士などの資格も同時に取得できるというメリットがあります。


保育の知識だけでなく、実習をしたりと実際に子どもともふれあいながら資格を取得できること。
また、2年から4年かけて勉強するのでしっかりと知識が身につくこともメリットでしょう。


しかし、メリットもあればデメリットも存在します。
年数をかけてしっかりと学べる反面、資格を取得するのに時間がかかること。
年間100万円ほどの費用がかかり、卒業までに約300万円以上の費用がかかることもあるそうです。


【保育士試験に合格して取得する方法】

年に1回、都道府県知事の実施する国家試験「保育士資格試験」を受験して合格することで取得できます。
筆記試験と実技試験があり、筆記試験に合格したものだけが実技試験をうけることが出来ます。


保育士資格試験は、国家試験なので誰でも簡単に合格することは出来ません。
参考書や過去問題集などを使って独学で勉強する方法もありますが、通信教育や試験対策のための講義を利用して勉強するほうが効率的でしょう。


この方法のメリットは費用が安く済むこと。
通信教育の授業料はだいたい20万円前後。(通信教育の種類により費用は様々)
試験費用も112905円。
大学や短大に進学するよりは費用はかなり抑えられます。


また、社会人・主婦になってから資格を取りたい!と思っているひとも
仕事や家事と両立しながら、空いた時間に勉強することができるなどのメリットがあります。

しかし、通信教育や独学で勉強しても試験は年1回。
合格出来なければ、次年度に再受験しなければならないのでかなりの難関です!


しかし、保育士試験は科目ごとの合格が3年間持ち越し可能なので、今ズグ資格を取りたい!ということではなく、将来的に・・・という考えでしたら、8科目を分けて集中的に勉強するのも効率的かも知れませんね。


また、この方法で取得するには、保育士資格試験の受験資格があるかどうかも調べておく必要があります。


【保育士資格試験 受験資格】

年齢・性別・国籍は問わず。
下記の受験資格に該当すれば保育士資格試験を受験することが出来ます。

*学部・学科関係なく、大学に2年以上在学・62単位以上修得済
                      (卒業が見込まれる者・中退者も含む)
*学部・学科関係なく、大学に1年以上2年未満在学・62単位以上修得済
              (卒業が見込まれる者も含む)
*学部・学科関係なく、短大卒・それと同等以上を卒業(卒業が見込まれる者も含む)
*平成8年(1996年)3月31日以前までに高校保育科を卒業
*平成3年(1991年)3月31日以前までに高校を卒業
*高校卒業後、児童福祉施設で実務経験が2年以上ある人
*中学卒業後、児童保育施設での実務経験が5年以上ある人
*外国で、学校教育課程を14年以上終了した人
*上記に受験資格に準ずる人で、都道府県知事から受験資格を認定されたひと

実務経験を重ねた人は、特例として受験資格をすることが出来ます。
児童福祉法に基づいて設立された認可施設で、原則2年間実務経験があることが必要です。
また、2年間 1日6時間以上・1ヶ月に20日以上勤務しているという条件もあります。
認可施設には、助産施設・乳児院・母子生活支援施設・保育所・児童厚生施設・児童養護施設・障害児入所施設・児童発達支援センター・情緒障害児短期治療施設・児童自立支援施設・児童家庭支援センターなどがあり、
平成24年4月からは、無認可保育所も対象施設となりました。
(*対象の施設になるかどうかは、各都道府県に問い合わせて確認して下さい)

2つの方法を紹介しましたが、どちらか自分に合う方法で取得するといいでしょう。
資格を習得してしまえば、保育園で働く以外にも様々な職種(ベビーシッター・企業内保育所など)にも役立ちますし、結婚・出産後もパートやアルバイトとして働くにも有利な資格です。




関連記事

保育士の仕事とは?
保育士と幼稚園教諭は何が違う??
保育士資格が活かせる仕事


←前の記事<<<保育士の仕事とは?



マンションでも太陽光発電