保育士資格が活かせる仕事

病棟保育士

病棟保育士とは、医師や看護師と連携して小児科病棟などでの「保育看護」の保育の部分を担当する仕事です。 病気を患い、長期的・一時的に入院している子どもたちの病棟保育を行います。


病棟保育士になるには、国家資格である保育士資格が必要です。
保育士資格以外は不要ですが、心理学やカウンセリング・医療・看護・薬学の知識があることが望ましいでしょう。
また、保育士としての経験も重要です。


病棟保育士は、専門性も高く豊富な経験が必要です☆
資格をとっていきなり病棟保育士ではなく、何年か保育園などの保育施設での経験を積むことがよいようです。


病気を患っている子どもたちは、様々な不安やストレスを抱えています。
親と一緒に過ごせない・・・
友達と遊べない・・・
病気に対しての不安などを発散できるよう楽しい時間を作り、心身を少しでも健やかな状態に近づけることが病棟保育士の最大の仕事でしょう。


年齢も病状もさまざまですので、成長段階や病状に合わせ個々にあった遊びを考え提供し楽しい時間を作ります。


また、付き添いの親がいない子どもに対して生活介助も行います。
食事や着替え・排泄・寝かしつけなどを看護師の代わりにおこないます。


2007年に医療保育専門士という医療保育士資格が出来ました。

この資格は1年以上の実務経験が必要な資格ですので、医療保育士として就職した後にスキルアップのために取る資格です。


医療保育の場は、病棟、外来、病児・病後児保育、障害児施設の4つの施設があり、今後ニーズが高まる傾向にあります。



関連記事

児童福祉施設 施設保育士


←前の記事<<<保育所・保育園


次の記事>>>院内託児所・保育所へ→


マンションでも太陽光発電