保育士資格が活かせる仕事

院内託児所・保育所

院内託児所・保育所は、病院の設置者が病院内もしくは病院の近隣に設置し、病院で働く医師や看護師の子どものため24時間保育してくれる保育施設です。


病棟勤務の医師や看護師さんは日勤・夜勤と2交代制で長時間の勤務が基本。
看護師ママさんにとって、長時間預かってくれる、夜勤の時に子どもを預かってもらえる保育施設が必須です。


また、乳幼児だけでなく、小学校低学年くらいの子を夜子供だけで留守番させるのはかわいそうですし、親としても仕事をしている間中心配です。


看護師のこどもではないですが、親が外出している間に火事や転落などの事故のニュースを耳にします。
やはり、夜間や長時間に子どもをおいて仕事に行くことは、難しいと感じ病棟看護師をやめてしまう看護師さんも少なく無いのでしょう。


しかし、勤務時間に合わせて子どもを預かってもらえる施設があるなら、安心して働くことが出来ます。
また、院内保育所・託児所は一緒に病院まで出勤して預けられること・何かあってもすぐに迎えに行くことが出来るのもメリットです。


子どもを持つ母親にとって、子どものことが1番の気がかりです。
子供の預け先がないから働くことを辞めてしまう人が多いのではないでしょうか?

院内保育所・託児所を整備することで、子どもがいる看護師でも安心して勤務することが出来る=出産後も看護師として復職=看護師不足対策にも歯止めがかかることでしょう。


また、看護師だけでなく医師や技師、事務職員など病院職員も利用することができ、病院を支えるスタッフの子育てをサポートするのが院内保育所・託児所の役割です。


院内保育所といっても、一般的な保育所などと保育内容は変わらず、遠足・運動会などの行事もあります。
違う点は、開所時間が長いことや、終夜保育(お泊り)があることでしょう。
終夜保育のある院内保育所に勤務する保育士さんも、シフト制になり勤務時間も公立などの保育所と比べると長くなります。


院内保育所を運営は、病院が保育所も運営しているところ・企業に委託して運営しているところ・またシルバー人材センターが運営しているとこもあり、勤務体系や給料も様々。


24時間・ほぼ年中無休の保育所で働くメリットは、勤務体系がシフト制なので希望する日に休みが取りやすいことでしょう。
公立の保育所は基本的に平日(月曜から金曜)朝から夕方までの勤務がほとんど。
ですから、平日に用事があっても休みを取りにくいといいます。


その点、シフト制であれば、前もってわかっている予定ならば休みを取りやすいのではないかと思います。
夜勤などがあり勤務も大変な分、一般的な保育所よりは給料面ではいいのでは?と思います。



関連記事

←前の記事<<<病棟保育士


次の記事>>>企業内・事業所内託児所へ→


マンションでも太陽光発電